海外不動産事業


 カンボジア・バベット(経済特区)での戸建分譲販売

 著しい経済成長を遂げているカンボジアであるが、更なる成長の起爆剤となるインフラや優秀な人材が恒常的に不足している環境にあります。当社のバベットガーデンプロジェクトは経済特区が9つ集積するスヴァイリエン地区(バベット市)に建設しました。バベットの経済特区にはすでに日系企業の他に、中国・台湾・シンガポールなど50社以上の外資工場が稼動しています。今後更に外資工場の誘致・建設が予定されているので、バベットはカンボジア国内でも有数の経済発展地区になると思われます。この地区では近年、労働者人口が急増しているに対し既存の住宅戸数は大幅に不足しているため、労働者たちは乗り合いトラックなどで遠方から長時間かけて通勤する者も多くいます。当社プロジェクトはそれを補うための労働者向け(中所得者層)住宅になります。プロジェクト建設地であるバベット市の市長からは開発計画段階から賛同を頂き、住宅不足解消の一翼を担う当社プロジェクトに対して感謝状を頂戴致しました。

 不動産開発が盛んにおこなわれているバベットの街並み(2019年5月撮影)

経済特区(Special Economic Zone)

Trusted Housing Project Co.,Ltd.

Tapov Village,Sangkat Bavet,Bavet City,Svay Rieng Province,Cambodia

カンボジア法人 No. 00001202

新興国の発展に寄与しながら、投資を進めていく。

これが我々の考える「ソーシャル・インベストメント」です。

私たちは、カンボジアの若き労働者たちが安心して暮らしていける住居を提供しています。

カンボジア、バベット地区にある経済特区。ここには多くの日本企業が進出しています。我々の投資により労働者の住環境が整備され、労働力の質が向上すれば離職率が下がることに繋がります。その結果として企業の生産性も高まり、雇用者と労働者共に有意義な関係を築くことができるでしょう。そうなれば、地域全体の経済が更なる発展を遂げ、投資家の皆様に利益還元できる。そういったあり方の投資スタイルを研究し続けてまいります。

カンボジア・プノンペンでのコンドミニアム分譲販売

 現地情報を詳しく知りたい方はこちらをクリック!